So-net無料ブログ作成

<フロアマット>「全天候型」16車種でアクセルに接触(毎日新聞)

 全天候型と呼ばれる自動車用の市販フロアマットを敷くと、26車種中16車種でアクセルペダルがマットに引っかかる可能性があることが30日、国民生活センターのテストで分かった。純正マットでも固定しないと7車種で引っかかった。アクセルが戻らないまま暴走する恐れがあり、同センターと消費者庁は注意を呼びかけている。

 米国でのトヨタ自動車の自主改修を受け、8社26車種の純正フロアマット、全天候型の市販マット3社4銘柄をテストした。全天候型は、雨水が車内にこぼれにくいように縁が高いタイプで、トヨタの自主改修の原因となった。床に固定しないためにずれたり、形状が合わなかったりしたため、端部や溝、しわにペダルが引っかかることがあった。ペダルから足を外しても加速を続けたり、ブレーキを踏んでも停止できないケースも確認されたという。

 同庁は同日、業界団体にブレーキ優先の機能を検討するよう要望した。国土交通省によると、マットにペダルが引っかかったことが原因と見られる事故は過去1年間で13件報告されている。【山田泰蔵】

2億8000万円賠償命令=「サムニン」リフォーム詐欺訴訟−東京地裁(時事通信)
新年度予算案、参院委で可決…今夕成立へ(読売新聞)
外相、28日から米・カナダ訪問=普天間移設、検討状況説明へ(時事通信)
<無人偵察機>実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場(毎日新聞)
長男虐待容疑で行司を逮捕=日常的に暴力か−千葉県警(時事通信)

<傷害容疑>中3長男と口論、殴り重体 38歳父逮捕 愛知(毎日新聞)

 愛知県警豊田署は21日、中学3年の長男(15)を殴って意識不明の重体にさせたとして、同県豊田市平芝町、会社員、中根幸男容疑者(38)を傷害の疑いで逮捕した。

 容疑は20日午後8時20分ごろ、自宅で長男の顔を右手で3回殴って外傷性くも膜下出血に陥らせたとしている。

 同署によると、中根容疑者は長男に部屋を片付けるように言ったが、無視されたため口論になった。中根容疑者は「まさかこんなことになるとは。えらいことをやってしまった」と容疑を認めているという。中根容疑者は以前にも長男に同様の注意をしたが、言うことをきかなかったという。

 中根容疑者宅は夫婦と子ども5人の7人家族。長男の通う中学によると、長男は29日に定時制高校を受験予定。同校は長男について「優しく穏やかな性格なのに」と驚いていた。【中島幸男】

【人】警視庁捜査1課長に就任 若松敏弘さん(57)(産経新聞)
「愛国心」子供条例案、可決 浜松市議会(産経新聞)
足利事件 「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙(毎日新聞)
<外壁材落下>重さ4キロ、強風で? 北九州市の高架橋(毎日新聞)
イチネンHD関係会社のセレクト、岩田取締役が社長に昇格(レスポンス)

<日中韓首脳会談>5月末に済州島で開催へ(毎日新聞)

 平野博文官房長官は19日の記者会見で、日本、中国、韓国の3カ国首脳会談を5月末に韓国の済州島で開く方向で最終調整に入っていると明らかにした。

 日中韓首脳会談は09年10月の北京以来で、北朝鮮の核問題や気候変動問題、鳩山由紀夫首相が提唱する「東アジア共同体構想」などが議題となる見通し。平野氏は「前向きな議論がされるものと思う」と述べた。【横田愛】

【関連ニュース】
東アジア共同体:5月末にまとめ 首相が指示
アジア・ビジネス・サミット:共同声明 鳩山首相に手渡す
第2特集:北東アジアの新パワーバランス
アジア・ビジネス・サミット:鳩山首相が経団連初訪問 政と財、ジリジリ接近

<「鈴木」姓>全国一多い浜松市に「楽会」(毎日新聞)
自民、25日にも両院懇開催=執行部刷新は重ねて拒否−谷垣総裁(時事通信)
住民自ら判断も=集中豪雨時の避難−内閣府検討会(時事通信)
妻の「帰宅不満」爆発 「電話の1本くらい入れてよ」(J-CASTニュース)
拉致支援法案が衆院通過(時事通信)

日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾−監視委(時事通信)

 東証1部上場だったシステム開発会社「ニイウスコー」(東京都中央区)=民事再生手続き中=の粉飾決算事件で、関係先として強制調査を受けた日本アイ・ビー・エム(同)が粉飾決算の手口の一つとされる「循環取引」に関与していたことが19日、捜査関係者の話で分かった。
 監視委は同日、2005年6月期の売上高を約145億円水増しした有価証券報告書を提出したなどとして、金融商品取引法(旧証券取引法)違反容疑で、ニイウスコーの元会長末貞郁夫(62)、元副会長大村紘一(68)両容疑者を横浜地検に告発した。
 監視委や関係者によると、日本IBMは、帳簿上だけで売買を繰り返す循環取引への協力をニイウスコー側から依頼され、応諾。日本IBMが関与した循環取引で、ニイウスコーの同期の売上高が少なくとも約24億円水増しされていたという。
 監視委が今月4日、日本IBM本社を家宅捜索した結果、同社の関与が判明。告発容疑に同額分を上乗せした。 

<参院選>香川選挙区に岡内氏 民主と社民が共同推薦(毎日新聞)
サンゴ500キロ北上…串本→千葉、奄美→長崎(読売新聞)
<東レ科学技術賞>新庄輝也、岡田典弘の両氏を選出(毎日新聞)
懐かしカメラが3千台…パン工場に博物館(読売新聞)
愛子さま、3学期最後の行事に出席(読売新聞)

1人で持久走、倒れた女高生12日後に死亡(読売新聞)

 大阪市立咲くやこの花高校(此花区)は17日、体育の補習授業中に倒れた2年生の女子生徒(17)が、搬送先の病院で同日、死亡したと発表した。

 倒れたのは補講期間の今月5日で、生徒は校内を1人で走っていたため、グラウンドにいた体育教諭はすぐに気付かなかったという。

 発表によると、生徒は5日午前9時25分頃、校内1周約500メートルのコースを2周する持久走を開始。約5分後、出入りの弁当販売業者が校舎の玄関付近で倒れている生徒を見つけた。既に心肺停止状態で、養護教諭が自動体外式除細動器(AED)を使用したものの回復せず、搬送先の病院でも意識は戻らなかった。

 生徒は、他の生徒と3日に補習を受ける予定だったが、体調不良を訴え、5日に延期されていた。持病などの届け出はなかったという。

大阪城公園の陥没、排水管の破損が原因(読売新聞)
AKB48の小道具盗む=容疑で高校生ら3人逮捕−ドラマ撮影現場侵入・警視庁(時事通信)
<外交文書>政務三役が開示判断へ(毎日新聞)
ラ・マンチャのワイン 品質で世界競争力向上(産経新聞)
多汗症手術後に異常発汗=「説明不足」と提訴−東京地裁(時事通信)

医師会共同利用施設は無くてはならない存在―日医委員会(医療介護CBニュース)

 日本医師会の「医師会共同利用施設検討委員会」(委員長=篠原彰・静岡県医師会副会長)はこのほど、唐澤祥人会長への答申を取りまとめた。この中で、医師会の各施設が医師不足や民間との競合で厳しい運営状況にあるとの認識を示しながらも、「医療との緊密な連携が可能な医師会共同利用施設は無くてはならない存在」と主張している。

 同委員会は2008年7月に唐澤会長から諮問を受けて、「地域社会における今後の医師会共同利用施設のあり方」について議論を重ねてきた。
答申では、▽医師会病院▽臨床検査・健診センター▽訪問看護ステーション―の3施設について言及。

 このうち医師会病院については、医師不足に加えて、紹介外来加算が廃止されたことが「紹介率80%以上を維持している多くの医師会病院にとって大幅な赤字要因となった」と強調。その上で、▽紹介外来加算の復活▽入院基本料の引き上げ▽新医師臨床研修制度の大幅な見直し―が早急に取り組むべき課題と指摘している。
 臨床検査・健診センターについては、高額な健診システムの更新費用や、民間検査センターとの競合など運営上の問題点を挙げ、高額医療機器については共同利用を進め、病理組織診・細胞診部門においては「独自の集配機能の構築を目指していく」ことが喫緊の課題としている。
 また訪問看護ステーションについては、深刻な「人材不足」と離職者の増加による「過重な業務負担」の克服が急務と指摘。07年度の訪問看護ステーションの有効求人数9130人に対して就職者数が388人、6か月間で退職者がいた施設は40%(日本看護協会中央ナースセンター調べ)などのデータから、「どの事業所も訪問看護職員の確保と離職防止が最大の課題」として、「12年度の医療保険・介護保険の両報酬の同時改定に向けて大幅な増額を求めていく必要があることは自明」と強調している。


【関連記事】
医療を守る多彩な運動が展開−北海道
月給制の介護従事者、報酬改定後に月9500円アップ―厚労省
地域医療貢献加算、複数診療所の対応も可
2010年度診療報酬改定を告示
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議

大阪万博 開催40年 改修パビリオン公開へ(毎日新聞)
マグロ禁輸阻止へ署名=築地市場の仲卸業者ら(時事通信)
堀江被告の資産差し押え=テレビなど、元株主申し立て−東京地裁(時事通信)
橋下知事、朝鮮学校に「公金は出さない」(読売新聞)
かっぱ寿司で食中毒15人=長野・諏訪(時事通信)

大イチョウの「回復不可能」=鶴岡八幡宮、資料保存も−鎌倉(時事通信)

 神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で10日早朝に倒れた大イチョウについて、同八幡宮から依頼を受け、現地調査した東京農業大地域環境科学部の浜野周泰教授は同日、植え直しなどで回復を図ることは不可能との判断を示した。
 浜野教授は大イチョウが倒れた直接の原因を「昨日夕方以来の雪を含んだ強い北西の風」と分析。その上で、2月以降の多雨による地盤の緩みや生育場所が斜面で土壌が薄かったことなども影響したとした。
 生育状況は「樹齢相当に健全」で、鶴岡八幡宮の管理も「現状において最善の対応」だったとしたが、「根の状態から回復は無理と判断している」とコメント。大イチョウは資料として、残したいとしている。 

厳しい就活戦線 モバイル駆使、「即時性」加速(産経新聞)
ロバート秋山さん、玉突きで軽傷=インパルス堤下さんの車も−東京(時事通信)
<枝野行刷相>事業仕分け第2弾、1年生議員もOK(毎日新聞)
<皇后さま>「長谷川等伯展」鑑賞 東京国立博物館(毎日新聞)
盲導犬候補の子犬世話、不登校克服の生徒も(読売新聞)

急増「撮り鉄」、暴走を警戒 寝台特急「北陸」など12日ラストラン(産経新聞)

 JRのダイヤ改正で定期運行が廃止となる寝台特急「北陸」(上野−金沢)と夜行急行「能登」(同)のラストランを12日に控え、東京・上野駅にはカメラを構えたファン「撮り鉄」が押し寄せている。撮影マナーをめぐるトラブルが問題視される中、JR東日本は警備態勢を強化、ファンからは「マナーは守って」との声も上がっている。(海老沢類)

                   ◇

 「危ないので中に入ってください」。規制ロープから出る人に警備員の注意が飛ぶ。8日夜、北陸と能登が発着する上野駅13番ホームには、平日にもかかわらず約200人のファンが集結し、カメラのシャッターを切っていた。午後11時を過ぎても、父親に肩車された子供の姿もあった。

 「撮り鉄」は先月中旬ごろから急増。休日には700人を超え、JR東日本は対応に追われた。上野駅ではこれまで午後11時3分に13番ホームから「北陸」、30分後に16番ホームから「能登」が出発していた。しかし、両方の車体をいい位置で撮影しようと、数百メートルの距離を走って移動する人が出たため、JR東日本は「危険だ」と、先月27日から発車番線を13番ホームに統一し、臨時の警備スタッフ10人を投入した。

 「撮り鉄」は増加傾向で、昨年春の「富士」「はやぶさ」引退時は約3千人が東京駅に集まった。マナー違反も目立つようになり、2月に大阪府柏原市でJR関西線のお座敷列車「あすか」を撮影しようとした数人が線路内に立ち入り列車に運休や遅れが出たケースでは、大阪府警が本格捜査に乗り出している。

 北陸は昭和25年から、ボンネット型の車体が郷愁を誘う能登は同34年から運行を開始。北陸の最終運転は全席が発売からわずか10秒で完売した。JR東日本は「ラストラン当日は、より多くの人出になる」とみて、社員や警備員計約40人を配置する予定だ。

 鉄道写真家の中井精也さん(42)は「全国区の人気列車が残り少なくなり、ファンが集中するのは仕方がないが、撮らせてもらっているという意識を忘れずにマナーだけは守って」と呼びかけている。

民主党、「飛んでイスタンブール」の歌手・庄野真代を参院選に擁立へ(スポーツ報知)
帰還者の聞き取り資料公開へ=「研究者にも重要」−長妻厚労相(時事通信)
<谷川参院幹事長>舛添氏に講演の真意ただし不問に(毎日新聞)
いざ!宇宙へ なでしこ飛行士・山崎さん、フロリダに到着(産経新聞)
外国人参政権、調整に努力=鳩山首相(時事通信)

<福島介護施設火災>経営者を書類送検 5人が死傷(毎日新聞)

 福島県いわき市泉町滝尻の高齢者介護施設「ROSE倶楽部粒米(つぶらい)」で5人が死傷した火災で、県警いわき東署は5日、30代の男性経営者を業務上過失致死傷の疑いで福島地検いわき支部に書類送検した。

 火災は08年12月26日午後10時ごろ発生。鉄筋コンクリート2階建て施設延べ397平方メートルのうち、1階約93平方メートルを焼き、2階にいた当時88歳、90歳の女性計2人が一酸化炭素中毒で死亡、女性3人が煙を吸って病院に運ばれた。送検容疑は、経営者は以前から避難訓練を実施しないなど、火災時の対応を怠っていたとしている。

普天間、検討委打ち切りも=水面下で調整−平野官房長官(時事通信)
北教組選挙資金問題、組合幹部ら4人逮捕(読売新聞)
<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
野菜ネット販売会社 “農家の営業マン”育てます(産経新聞)
“ご破算”の危機、イラクのナシリヤ油田開発 日本側、追加援助の可能性も(産経新聞)

祈祷料詐欺容疑で7人書類送検(産経新聞)

 運勢鑑定の「高島易断」などを名乗る男らによる祈祷(きとう)料詐取事件で、兵庫県警生活経済課などは2日、主犯で自称易者の西園徳盛被告(61)=詐欺罪で公判中=の元運転手の男(60)ら男女7人を詐欺容疑で書類送検した。県警は、7人が西園被告らの鑑定を詐欺行為と知りながら、会場での受け付けなどの事務を担当し、報酬を受け取っていたとみている。

流しびな 園児たちが願い事書き人工の川に 名古屋(毎日新聞)
<横浜国際総合競技場>命名権で日産と横浜市が再契約(毎日新聞)
前原国交相を口頭注意=個所付け通知で−鳩山首相(時事通信)
昆布・カキ・ノリ、津波で養殖施設に深刻被害(読売新聞)
男が放火か、民家全焼=夫重体、妻も重傷−京都(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。